腸閉塞で繰り返される激痛【早めの発見がとっても大切】

病院

加齢で生じる病気の一つ

病院

加齢による体の変化は、誰でも起こりうることだが腰部脊柱管狭窄症という疾患は50代から80代の男性に多い疾患です。悪化すれば手術することもありますが、それ以外にも治療方法はたくさんあります。しかしベストなのは、なる以前に予防につとめることです。

詳細を確認する

耳の病気は早期発見が大切

病院

聴神経腫瘍は、耳鳴りや難聴だけでなく、腫瘍の大きさや位置によりめまいや顔面の麻痺、痛みなどを伴うことがあります。手術には全身麻酔による摘出や放射線治療がありますが、画像検査によりさまざまな選択筋があります。

詳細を確認する

試してみる価値があります

悩み

今まで行われてきたがんの治療法で大勢の人が助かりましたが、手遅れにより大勢の方が命を落としてきました。そして、がんを自己の免疫で治すために考え出されたのが、免疫細胞療法です。免疫細胞療法は健康保険が適用されませんが、末期がんでも完治させる可能性があることから、試してみる価値があります。

詳細を確認する

腸の詰まりによる病気

腸が詰まる病気の症状

先生

消化液や食べた食物が、小腸または大腸で詰まってしまう状態のことを腸閉塞またはイレウスと言います。腸に食物などが溜まってしまうと、拡張し張ることで腹痛が引き起こされます。また本来肛門に向かうはずの消化液や食物が、詰まっている部分より逆流してしまい嘔吐してしまいます。吐き気があり実際に嘔吐してしまった、そして腹痛が続くといった場合には腸閉塞になっている可能性が非常に高いと言えます。腸閉塞は何の予兆もなく突然に、激しい腹痛と吐き気を催し、嘔吐に至ります。痩せ型の人が腸閉塞を発症した場合、腸が少しずつ動いている様子を目視で確認できます。腹痛は内側から捻られるような激痛が走り、しばらくすると治り始めます。そしてまた激痛が走るの繰り返しです。この痛みの繰り返しが、腸閉塞発症の際の特徴的な腹痛とされています。

腸が詰まる病気の治療法

腸閉塞発症時の症状である嘔吐は、始めに胃液や担汁を吐き出します。そして最後には腸内の臭いを伴う内容物の嘔吐にいたります。このように、初期症状として、初めに胃液などが出て苦しいことがありますが、嘔吐後すっきりとすることがほとんどです。「絞扼性腸閉塞」という腸間膜まで圧迫・捻れる重度の腸閉塞の場合は、腹痛が治ることはありません。顔面が血の気が引き真っ白くなり、体は冷たくなり始め、呼吸も弱くなり大変危険な状態となります。腸閉塞の治療法は絞扼性腸閉塞でなれば、保存治療で完治が可能です。食事・飲水を禁止し様子を見ます。胃や腸を休め様子を見て、おならか大便が出れば腸の詰まりは改善されたと判断されます。腹痛を伴う吐き気の症状が見られた場合は、早期の病院受診が重要です。早期治療が何よりも重要ですので、症状が現れた場合は放置、様子見はせずにすぐに病院に向かうか、救急車を要請しましょう。

Copyright©2015 腸閉塞で繰り返される激痛【早めの発見がとっても大切】 All Rights Reserved.